RSIを使ったバイナリーオプション攻略法!勝率を上げたいならRSIを知るべし

RSIを使ったバイナリーオプション取引方法を知りたい人へ

みなさんはRSIというインジケーターをご存じですか。

見方・使い方共にシンプルなので、インジケーターに苦手意識を持っている方にもお勧めできます。

 

このページでは初心者の方に向けて、RSIの設定の仕方から、RSIを使ったバイナリーオプション取引の方法までまとめて解説しています。

もうすでに他のインジケーターを使っているという方も、是非参考に読んでみてください。

RSIとは

RSIは簡単に言うと、価格が上がる力・下がる力がどのくらい強いかを示してくれるオシレーター系のインジケーターです。

「Relative Strength Index(相対力指数)」の略で、アメリカ人のJ.W.ワイルダーという人物が開発しました。

RSIとは

値は0%~100%の間で表示され、0%に近いほど売られすぎ(価格が下がる力が強い)、100%に近いほど買われすぎ(価格が上がる力が強い)の状態です。

ただ、0%・100%の値に届くことは絶対になく、一般的には70%・30%の線を越えたかどうかで売られすぎ・買われすぎの判断をされています。

MT4でRSIを設定する方法

MT4を起動し、オシレーター系のインジケーターの中から「Relative Strength Index」を選択してください。

Relative Strength Index

RSIは一定期間内の上がり幅・下がり幅の平均を表示しているのですが、その期間は自分で設定できます。

期間によって精度や使いやすさが変わってくるのですが、初心者の方はデフォルトの14(1時間足なら1時間×14=14時間)を選んでおきましょう。

 

RSI

OKを押すと、チャートの下にRSIが表示されます。

 

RSIを使ったバイナリーオプション攻略法

それでは実際にバイナリーオプション取引の際、RSIを使ってエントリーポイントを判断する方法を解説します。

最初に書いた通り、RSIは「買われすぎ、売られすぎ」を表しています。

 

特に注目すべきなのは、30%・70%の線を超えた瞬間です。

黄丸部分ではRSIが70%

上の図をご覧ください。

黄丸部分ではRSIが70%を超え、その直後にチャートが上向きから下向きに反発しているのが分かります。

反対に、赤丸部分ではRSIが30%を下回り、チャートは下向きから上向きに反発しています。

 

このように、RSIが70%・30%を超えた瞬間に、それまでのトレンドとは反対方向にエントリーする方法(逆張り手法)が、RSIを使った最も簡単な取引方法になります。

他のインジケーターと組み合わせる

RSIを使ってバイナリーオプション取引をしたい方には、基本的に他のインジケーターと組み合わせて取引することをおすすめしています。

先に紹介した方法で、RSIだけでエントリーする方法ももちろんアリなのですが、この方法では勝率が60%程度になるため、ペイアウト率1.8倍程度では利益が出せるかどうか微妙なところです。

 

他のインジケーターと組み合わせることの利点は、勝率が上がることです。

ボリンジャーバンドと組み合わせ

例えば、ボリンジャーバンドと組み合わせた場合。

RSIが70%を大きく上回った時(黄丸)、チャート上でもボリンジャーバンドの線を大きく上回っています(赤丸)。

どちらも「これから反発します」というサインなので、ここではLowにエントリーすれば勝てる、ということですね。

このように2つの異なるインジケーターを使うことでエントリーする根拠が2つに増え、勝率を上げることができます。

 

ボリンジャーバンドの他に、MACDとの相性もいいので、ぜひ取引の場面で試してみてください。

 

MACDについてはこちら

MACDについて

【2020年2月まで】キャンペーンのお知らせ

RSIを使って取引する業者が決まっていない人は、まずは口座開設から始めてみましょう。

ザオプションでは現在「冬の初回入金キャンペーン」を行っており、口座開設後に初入金するだけで5000円のキャッシュバックがもらえます。

theoption キャンペーン

初心者の方からすれば、取引資金が5000円も増えるのは嬉しいですよね。

2020年2月まで限定のキャンペーンですので、みなさんもぜひチェックしてみてください。

ザオプションの公式HPを見る

まとめ

RSIは見方も使い方も簡単なので、初心者の方にぜひおすすめしたいインジケーターの1つです。

70%・30%の線を越えたかどうかだけをチェックしておけば、ひとまずは細かい仕組みを知らなくても取引には応用できます。

 

ただし、RSIだけを使った取引では勝率がやや低めになってしまうデメリットもありますので、実際に取引で使う際はできるだけ他のインジケーターと併用するようにしてください。

バイナリーオプションナビ編集部

Author バイナリーオプションナビ編集部

バイナリーオプションの研究とテクニカル分析。

More posts by バイナリーオプションナビ編集部