【取引をしてはいけない時間帯4選】バイナリーオプション取引は時間帯を選べ!

バイナリーオプション取引に適した時間帯を知りたい人へ

バイナリーオプションでは、取引する時間帯がとても重要です。

もちろんチャートだけを見て集中するのも大事ではありますが、市場心理や人間の行動によっては、通常では予想できない方向に相場が動いていくこともあります。

 

このページでは、バイナリーオプション取引をしてはいけない時間帯を4つ紹介します。

取引をしてはいけない時間帯4選

バイナリーオプション取引を避けるべき時間帯は、以下の4つです。

  1. 重要なニュースが出た時
  2. 3大マーケットのオープン時間
  3. 各月の最初の金曜日
  4. 祝日や連休

1, 重要なニュースが出た時

まず、経済に影響を与えるような重要なニュースが出た時には取引をしないでください。

重要なニュースとは例えば、各国の大臣や銀行の総裁から何らかの発言があった時や、大企業関連が何らかのアクションを起こした時です。

こういったニュースの前後30分程度は相場が荒れますので、初心者の方は特に取引をやめてください。

 

「自分が取引している通貨ペアと今のニュースは関係ないから…」と思う方もいるかもしれませんが、今は世界中で同じニュースが受信できる時代。

どこのニュースがどこに影響を及ぼすか分かりません。

関係ないように見えたとしても、「重要なニュース」であると判断した時点で取引は止めた方が賢明です。

 

こういったニュースは、今インターネットやSNSからすぐに仕入れられます。

特にツイッターは情報が早いので、気になる方は「楽天FX」「FXi24」といったアカウントをフォローしておくと良いでしょう。

2, 3大マーケットのオープン時間

3大マーケットのオープン時間にも気を付けてください。

それぞれのオープン時間は以下のようになっています。

 

・東京 9時

・ロンドン16時(冬時間では17時)

・ニューヨーク22時半(冬時間では23時半)

 

東京は年中変わりませんが、ロンドンとニューヨークには夏時間・冬時間があるので、オープン時間が1時間ずれます。

こちらもオープンから前後30分ほどは相場が荒れやすいので、取引はストップしてください。

3, 各月の最初の金曜日

各月の最初の金曜日にも注意が必要です。

なぜならこの日は「雇用統計」が出る日だからです。

 

バイナリーオプションやFXなどをやっている投資家の方々は、この雇用統計をかなり重要視しています。

WEB上で調べてみると「雇用統計を攻略して稼ごう」といった趣旨の記事がいくつも見つかりました。

それだけこの日は投資家の目も集中している日になるので、相場は荒れます。

初心者の方は、この日だけはおとなしくしていることをおすすめします。

4, 祝日や連休

出来ることなら祝日や連休中の取引も控えた方が良いです。

仕事が忙しい方は「連休こそ取引したいのに!」と思われるかもしれませんが、それは他の投資家の方々も同じです。

投資家の方々が集まれば、当然相場が荒れやすくなります。

 

取引は平日のスキマ時間に絞り、連休中はみなさんも体を休めてはいかがでしょうか。

1番取引に良い時間帯は?

結論から言ってしまうと、バイナリーオプション取引に適しているのは「4つの時間帯以外」です。

バイナリーオプションには避けるべき時間はあっても、取引すべき時間は決まっていません。

決まっていないというよりは、常に相場は動き続けているのでチャンスも巡り続けている、といったイメージでしょうか。

 

まずは4つの時間帯を避け、それ以外の時間帯であればいつ取引していただいても構いません。

自分が集中できる時間を見つけて、じっくり取引してくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

改めて、取引をしてはいけない時間帯は以下の4つです。

  1. 重要なニュースが出た時
  2. 3大マーケットのオープン時間
  3. 各月の最初の金曜日
  4. 祝日や連休

為替相場が動く理由は様々ですが、結局最後には「人」が1番大きな要因になります。

ニュース発表も祝日も、「人(の目)が集まるから」という意味では共通していますよね。

 

『バイナリーオプション取引では、人が集まる時間帯は避ける。』

この基本原則を守って、これからも取引を楽しんでくださいね。

バイナリーオプションナビ編集部

Author バイナリーオプションナビ編集部

バイナリーオプションの研究とテクニカル分析。

More posts by バイナリーオプションナビ編集部