初心者でも分かるバイナリーオプションの仕組み。どうやって儲けられるのかをお教えします!

バイナリーオプション初心者で、仕組みがよく分かっていない方へ

「バイナリーオプションって何?儲かるらしいって聞いたけど…」

「なんだか怪しいし、詐欺なんじゃないの?」

 

皆さんは『バイナリーオプション』という言葉を聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか。

WEB上の広告などでご覧になった方は、もしかしたら怪しいものだと思っているかもしれませんね。

しかし、バイナリーオプションの仕組みは非常にシンプルで、決して詐欺や怪しいものではございません。

 

このページでは初心者の方に向けて、バイナリーオプションの仕組みを分かりやすく解説していきます。

バイナリーオプションの基礎知識

バイナリーオプションとはそもそも、一定期間の間に為替レートが今よりも高くなるか低くなるかを予想する、という投資です。

稀にギャンブルだと勘違いしている方もいますが、れっきとした金融商品です。

 

1番の特徴は、上か下かを選ぶだけの投資である、という点です。

【バイナリーオプションの取引手順】

  1. 通貨ペアを選ぶ
  2. 目標レートより上がるか・下がるかを決める
  3. 取引枚数(投資金額)を決める
  4. 取引内容を確定する
  5. 結果が出る(予想が当たれば利益/外れれば損失)

バイナリーオプションには国内業者と海外業者があり、それぞれ違う特徴を持っていますが、大まかな仕組みや流れは同じなので、覚えておきましょう。

 

国内・海外業者の違いはこちら

バイナリーオプションで儲かる仕組み

バイナリーオプションでは業者や取引方法によって、予想が当たった時の倍率が決まっています。

この倍率のことをペイアウト率と言います。

 

例えば、ペイアウト率2.0倍の取引で1,000円を投資した場合、予想が当たれば2,000円になって返ってきます。

予想が外れれば投資した1,000円は返ってきません。

 

誰でも必ず儲けられるわけではありませんが、取引時間は短いので実力さえあればサクサク稼ぐことも夢ではありません。

1分で結果が出る取引なら、10分あれば5回は取引できますよね。

元手が1,000円で毎回全額かけ、5回連続で当たれば32,000円。

つまり、10分で31,000円儲かる計算になります。

 

5回連続で当たることは相当難しいですが、バイナリーオプションだけで何百万~何千万円という稼ぎを出している人がいることも事実です。

勝率が5割では儲からない?

先程はペイアウト率2.0倍の取引を例に挙げましたが、実は多くのバイナリーオプション取引の中には1.8倍など、2.0倍以下の取引も少なくありません。

ペイアウト率が1.8倍なら、1万円を1,000円ずつ10回投資して5勝5敗だったとしても、手元に残るのは9,000円です。

ペイアウト率が2倍未満の取引の場合、勝率が5割では引き分けどころか損をしてしまうのです。

 

バイナリーオプション業者を選ぶ基準が人それぞれだと思いますが、「損をしたくない」という方は出来るだけペイアウト率の高い業者を選ぶことをお勧めします。

最高ペイアウト率2.2倍のバイナリーオプションブレイクがおすすめ!

「出来るだけ高倍率で取引したい!」という方には、バイナリーオプションブレイクがおすすめです。

バイナリーオプションブレイクは最大ペイアウト率が2.20倍と業界トップクラス。

これなら勝率がちょうど5割だったとしても、利益を出すことができます。

 

取引画面もシンプルで分かりやすいデザインで、初心者の方におすすめ。

口座開設も1分で終わります。

他の業者では体験できない「シェアトレード」という取引もできますので、興味のある方はぜひ公式HPを見てみてください。

バイナリーオプションブレイク 詳細
バイナリーオプションブレイク 公式HP

まとめ

バイナリーオプションが決して詐欺ではなく、れっきとした金融商品だということはお分かりいただけましたか。

他の投資に比べて元手も小さくて済みますし、ルールも覚えやすいうえにスマホだけで始められるので、「忙しいけど投資に興味がある」方にはバイナリーオプションはピッタリです。

 

大きく稼ぎたい方は、ペイアウト率トップクラスのバイナリーオプションブレイクがおすすめ。

他にも様々なバイナリーオプション業者がいますので、以下のランキングも参考にしながらいろいろな業者を調べてみてくださいね。

バイナリーオプションおすすめ業者ランキング
バイナリーオプションナビ編集部

Author バイナリーオプションナビ編集部

バイナリーオプションの研究とテクニカル分析。

More posts by バイナリーオプションナビ編集部