【バイナリーオプションのサインツールとは】矢印で勝率90%?ウワサの真相を調査しました。

バイナリーオプションのサインツールを使ってみたい人へ

みなさんは、こんな広告・サイトを見たことはありませんか?

 

「バイナリーオプションで勝率90%以上!」

「バイナリーオプションで絶対に勝てるツールをお譲りします!」

 

これらはすべて、『サインツール』と呼ばれるツールの宣伝文句です。

ココナラ、ヤフオク!でも何十種類ものサインツールが販売されていますが、使ったら本当にバイナリーオプションで勝てるようになるのでしょうか?

 

このページでは、バイナリーオプションのサインツールについて、分かりやすく解説していきます。

バイナリーオプションのサインツールって何?

サインツールとは、その名の通り合図(サイン)を示してくれるツールのことです。

チャート上に矢印が表示され、その矢印の方向にこれから移動していくことを予測し、教えてくれます。

 

勘違いしている方が多いですが、サインツールの役割は、「矢印が出た瞬間にエントリーすれば必ず勝てるようにするもの」ではありません。

基本的にサインツールの出す合図は、「今チャートを見て!」という意味です。

ですから、投資をする上での大きなヒントにはなりますが、100%答えを教えてくれるものではありません。

 

興味のある方は、「バイナリーオプション サインツール」と検索してみてください。

安いものだと1000円台からありますが、高いものは50万円を超えています。

今回の記事を執筆するにあたり、色々な口コミやサイト、SNSを調べてみましたが、はっきりと「このツールがオススメ」と言い切れるものは見つかりませんでした。

サインツールに関するウワサの真実

サイトによっては「このツールを使えば誰でも確実に勝てます!」と、サインツールを絶賛しているところもあります。

しかし、甘い話には裏があるのものです。

「誰でも勝てる」「勝率90%越え」は本当なのか、色々と調査してみました。

「誰でも勝てる」「勝率90%越え」はウソ?

まず、バイナリーオプション取引で「勝率90%越え」という数字は、通常ではありえないということから説明いたします。

 

バイナリーオプションでは、勝率55%以上を安定して取り続けていれば、十分利益が出すことができます。

「プロトレーダー」と呼ばれている方でさえ、勝率は70%ほどです。

人間がやっているわけではないとはいえ、勝率90%を出すことがどれほど難しいことかは、もうお分かりいただけると思います。

 

しかし、サインツール紹介サイトにある「勝率が高い」という話も、あながちウソではないのです。

90%以上の根拠となっている「勝率の計算方法のカラクリ」について、続けて解説します。

勝率は「マーチン・リペイントなし」かどうかを見るべし

実は勝率の高さを謳っているサイトの多くは、マーチン・リペイント込みの数字を表示しているのです。

マーチン …1度負けたら2倍の金額を賭ける、ということを、

勝てるまで繰り返す方法。

例)100円でエントリーして負けた後に200円で勝負し、

200円でも負けたら400円で勝ち、負けを帳消しにする。

リペイント…サインツールに備わっている機能の1つ。

表示されたサイン(予想)が外れていた時、

後から外れたサインだけ消されていく。

つまり、「勝率90%越え」の文句はウソではありませんが、ある程度の負けをチャラにしたうえでの数字である、ということです。

 

計算方法については「マーチン込み」「リペイントなし」など、ほとんどのサイトの場合は表記があるはずです。

そのサインツールを使った時の本当の勝率が知りたい方は、「マーチンなし・リペイントなし」と明記しているサイトを参考にしてください。

サインツールを使って取引するメリット

サインツールを使ってバイナリーオプション取引をする際のメリットとしては、取引する際の大きなヒントをくれる点が挙げられます。

チャートに着目するタイミング・エントリーする方向を教えてくれるので、まだ自力でチャート分析ができない初心者の方でも、取引を有利に進められるようになります。

 

ただ、再三書いているように、サインツールのサインはあくまでもヒントとして捉えるようにしましょう。

バイナリーオプションにはサインツール以外にも、チャートを分析するための様々なツールがあります。

そういったツールから導いた答えを裏付ける、1つの根拠として使うようにしてください。

 

サインツールだけを根拠に取引してしまうと、勝っても負けても「なぜそうなったのか」が分からないため、何回も同じ失敗を繰り返すようになってしまいます。

バイナリーオプションのツールについてはこちら

サインツールを使って取引するデメリット

サインツールを使って取引するデメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

  • 勝ち負けの理由が分からない
  • 中には怪しい業者もいる

勝ち負けの理由がわからない

サインツールだけで取引すると、勝ち負けの理由が分からなくなります。

 

自分でチャート分析をしたり理論に乗っ取って取引をしていれば、もし負けたとしても振り返ることができ、同じ過ちを繰り返すことは回避できます。

サインツールは自動的に矢印が表示されるだけなので、勝っても負けても原因を振り返ることができません。

つまり、ツール自体がダメになったり弱点があったりすると、何度も同じような場面で負けてしまいます。

繰り返しになりますが、あくまでもサインツールは、エントリーを決断するヒントとして使うようにしましょう。

中には怪しい業者もいる

インターネットやSNS上には、有料ツールを扱う業者のふりをした詐欺師も紛れ込んでいる可能性があります。

  • サインツールを無料でプレゼント!
  • ラインを追加してください

全てが詐欺とは言い切れませんが、上記のような誘い文句に騙されたという被害者の方は確かに存在しています。

また、どれだけ高いサインツールを買ったとしても、本当に勝てるツールかどうかは使うまで分かりません。

サインツールを買いたいと考えている方は、他のサイトや口コミを参考にして、「絶対に安全に使える」と断言できるものを選びましょう。

まとめ

バイナリーオプションのサインツールは、きちんとしたものであればエントリーの補助をしてくれる、力強い味方になります。
しかし、頼りすぎには要注意。
他のツールと組み合わせて、あくまでもヒントとして使うようにしましょう。
買う時にも下調べを十分して、絶対に安全だと言い切れるものを買うようにしてくださいね。

バイナリーオプションナビ編集部

Author バイナリーオプションナビ編集部

バイナリーオプションの研究とテクニカル分析。

More posts by バイナリーオプションナビ編集部