バイナリーオプションは怪しい?危ない?本当にあった詐欺被害を分かりやすく解説!

バイナリーオプションに興味はあるが、
お金を騙し取られるなど、危ない目に合うのは避けたい人へ
「バイナリーオプションって怪しいんでしょ?」
「バイナリーオプションは何が危ないの?」

バイナリーオプションについて調べていると

「危ない・怪しい・詐欺」といった言葉を含む口コミが

よく見つかります。

実際に口コミにあるような、

危ないことは起こっているのでしょうか。

 

結論から言ってしまえば、

バイナリーオプション関連の詐欺被害・金銭トラブルは

現在でも報告されています

そのほとんどはバイナリーオプションを運営していない、

第三者によるものです。

このページでは実際にあった詐欺・金銭トラブルの紹介と、

自分が危ない目に合わないためにはどうすればいいのかを解説します。

バイナリーオプションを利用した詐欺被害4つ

バイナリーオプションに関する金銭トラブルのほとんどは、

バイナリーオプション業者ではない第三者に騙されたパターンがほとんどです。

いったいどんな手口で騙されてしまうのか、見ていきましょう。

第三者の指示で入金後、急に連絡が取れなくなる

バイナリーオプション業者での口座開設を第三者から勧められ、

入金した後で連絡が取れなくなってしまうケースがあります。

まず彼らは「バイナリーオプションは誰でも簡単に稼げる」という

甘いセリフで近寄ってきます。

【声をかけてくる第三者の例】
  • 実の友達
  • ツイッター・インスタで知り合った自称・トレーダー
  • レクチャー生徒を募集している女性 など

こちらが興味を示すと、

「このリンクから口座開設してね」とメッセージを送られてきますが、

彼らの目的はアフィリエイト報酬

特定のリンクを経由して誰かが口座開設さえすれば、

彼らに収入が入る仕組みです。

口座開設さえ済めば彼らの目的は達成されるので、

その後はこちらから連絡しようとしても反応はありません。

騙されたと気付いてから入金したお金を引き出そうとしても、

一定以上の取引をしないと入金したお金は返ってこないのです。

 

口座開設を勧めてくるだけではなく、

「口座開設に必要だから」と言って

銀行口座等の個人情報を聞いてくる人もいるそうです。

こちらから相談もしていないのに、

バイナリーオプションを勧めてくる人は信用しないでください。

指示通りに投資したのに勝てない

「自分の指示通りに投資すれば勝てる」というレクチャーを受け、

指示に従ったのに全く勝てなかった、という被害も多いです。

 

ツイッターやインスタグラムなどで「バイナリーオプション」と検索すると、

容姿の綺麗な女性のアカウントがいくつも見つかります。

彼女たちが投稿している内容は、おおよそ以下の通りです。

  • バイナリーオプションで自分はこれだけ儲けている
  • 好きな時間に旅行や買い物を楽しむ生活を送っている
  • 自分にはバイナリーオプションを教えている生徒がおり、彼らも同じように儲けている
  • あなたも私からレクチャーを受けてみませんか?

先ほども書きましたが、

彼女たち(写真が本人かどうかも怪しいですが)のレクチャーを受けても

ほとんど勝つことはできません。

実は彼女たちはバイナリーオプション業者と繋がっていて、

みなさんが負けて損した金額の一部は彼女たちの手元に入っていきます。

最初から負けさせることが目的ですから、

どれだけ忠実に指示に従っても勝てないのは当然ですよね。

 

もしこちらから「教えてほしい」と連絡してしまった場合、

まずバイナリーオプション業者で口座開設をさせられ、

LINEで送る通りに投資するように指示されます。

ちなみに「今このタイミングでHighに賭けてください」などと指示する配信を

“シグナル配信”というのですが、

シグナル配信をするには法律に基づいた登録が必要になります。

少しでも怪しいと思ったら、

「投資助言業の登録を受けていますか?」と聞いてみるのも1つの手段です。

高額なツールを買わされる

こちらは「自動ツールを使えば確実に勝てる」とブログなどで宣伝され、

1つ何十万円もする高額なツールを買ってしまうケースです。

 

自動ツールとは、チャートの上下を予測してくれるツールのこと。

買ってしまう方も、「確実に勝てるならすぐに取り返せる」と思ってしまうようです。

しかし本当に確実に勝てるのなら、

自動ツールを売るよりも自分1人で使い続けた方が儲かりますよね。

 

中には本当に勝てる自動ツールもあるらしいのですが、

バイナリーオプション業者からすれば都合の悪い話です。

なので業者にもよりますが、

「勝ちが連続しすぎている=自動ツールを使っている」と判断された時点で

口座が凍結して、取引ができないようになることもあります。

万が一本当に勝てる自動ツールに巡り合えたとしても、

筆者はあまり使うことをお勧めしません。

個人ブログの内容がウソだった

特定のバイナリーオプション業者をおすすめしている

個人ブログの内容がウソばかりだった、というのもよくある話です。

 

バイナリーオプション業者から広告費をもらっている

ブロガーの方は多く存在します。

アフィリエイトのブログであっても、

正しい情報をきちんと書いてくれるのなら問題はないのですが、

実際には自分がその業者で取引したことがないのに

「取引したことがある」と書いたり、

勝率や取引結果を捏造する人もいるのが実際のところです。

 

自分で他サイトの情報と比較するなどして、

誤った情報を信じないようにしましょう。

バイナリーオプション業者自体が危ないこともある

第三者に誘われた以外にも、

自分から申し込んで取引を始めた業者が危険な業者だった

という報告も稀にあります。

日本国内では2019年現在取り締まりが厳しくなっているため、

ほとんど見られなくなりましたが、

バイナリーオプション業者を騙った詐欺業者も確かに存在しています。

 

ただ、中には取引している人の勘違いや、

のめり込みすぎが原因となっている報告もありますので、

その場合業者の方は何も悪くありません。

そういった報告・口コミも含めて解説していきます。

口座から出金ができない

バイナリーオプション業者で口座開設をした後、

入金したお金が取り出せなくなった例です。

出金を要請してから何週間も音沙汰がなく、

業者に問い合わせても何の反応もなくなることもあるそうです。

しかし、こういった危ない・怪しい業者は一時期に比べて

大きく減少しました。

 

「出金できない!」という被害報告の中には、

その人が出金条件を満たしていなかっただけの場合もあります。

バイナリーオプション業者によっては

  • 出金額は〇〇円以上でないといけない
  • 〇〇円以上取引していないと出金できない

といった出金条件が定められている場合があります。

業者によっては出金条件が厳しいこともありますので、

あらかじめ公式HPをよく見て、

出金条件を確認しておきましょう。

丁半博打として取引してしまうと危ない

これに関してはバイナリーオプション業者に非は一切ありませんが、

バイナリーオプションは投資であるということを忘れ、

2択を勘で当てる博打としてやってしまう人がいます。

 

バイナリーオプションはHigh(上)かLow(下)を当てるだけなので、

当然やろうと思えば根拠もなく勘だけで投資できます。

しかしバイナリーオプションのペイアウト率はほとんどの場合1.8倍程度。

2倍を下回っていますので、勝率が半々では損をしてしまうのです。

実際にバイナリーオプションで長期にわたり稼げている人は全体の1割未満。

中には「頑張っても得できないから詐欺だ!」と

掲示板に書き込んでいる書いている人もいるようです。

 

また、負けたら取り返すまでは辞めない性格の人もいます。

そういう人はヒートアップして歯止めが利かなくなってしまい、

ひどい人は何百万円というお金を一人で使ってしまうのです。

 

もしバイナリーオプションを始めるとしても、

余剰資金だけで取引するようにしてくださいね。

怪しい人/危ない業者に騙されない方法

ここまで紹介してきたような危ない目に合わないためには、

怪しい人や危ない業者を自力で見分けるしかありません。

以下のポイントを押さえて、

騙されないようにしっかり準備しましょう。

運営業者・運営会社のことをしっかり調べる

怪しい業者に騙されないためには、

その業者に関する情報を出来るだけ多く集めておく必要があります。

業者の公式HPはもちろん、

口コミサイトや情報サイト、個人ブログを複数巡回し、

以下の点をチェックしてみてください。

  • 運営会社の名前が載っているか
  • 運営会社の住所は公開されているか
  • 運営会社のある国の許可を得ているか
  • ネット上で被害報告がされていないか
  • 出金確認(出金要請後にきちんと出金できるかの確認)が取れているか

国内海外を問わず、正規のバイナリーオプション業者であれば

きちんと国の許可を得ていますし、住所も公開しています。

「この業者怪しいな」と思ったら、

まずは公式サイトから確認してみましょう。

少額で入金してすぐに出金してみる

お金が出金できるかどうかを確かめるためには、

実際に入金して確かめるのが一番確実です。

 

たとえばHighLow(ハイロー)という海外業者は

最低出金額が10,000円です。

口座開設費や出金手数料はかからないので、

試しに1度10,000円を入金して、そのまま出金してみましょう。

きちんと取り出せることが確認できれば、

その後も安心して取引できるはずです。

 

最初は怖いかと思いますが、

その後何十万円も損するよりもずっといいですよね。

もちろん、初めから危ないと分かっている業者で

確かめる必要はありません。

「簡単に稼げる」は信用しない

バイナリーオプション取引を始めるにあたって、

安全性を重視するなら国内業者か有名業者を選びましょう

 

「怪しい・危ない」といった悪い口コミが集まっているのは、

ほとんどが海外業者です。

国内業者は海外業者と比べて儲けにくいため、

そこまで人気は高くありませんが、

日本国内で許可を受けている業者なので安心感は相当高いです。

 

また、リスクを回避するのに有名業者を選ぶという手段もあります。

有名業者が人気な理由は、きちんとしたルールにのっとって

クリーンに営業しているからに他なりません。

口コミ情報も多いですし、マイナーな業者よりも信用しやすいですよね。

 

自分で危ないかどうか判断するのが苦手な方は、

国内業者・有名業者のどちらかで取引を始めると良いでしょう。

国内業者または有名業者を選ぶ

「怪しい・危ない」といった悪い口コミが集まっているのは、

ほとんどが海外業者です。

国内業者は海外業者と比べて儲けにくいため、

そこまで人気は高くありませんが、

日本国内で許可を受けている業者なので安心感は相当高いです。

 

また、リスクを回避するのに有名業者を選ぶという手段もあります。

有名業者が人気な理由は、きちんとしたルールにのっとって

クリーンに営業しているからに他なりません。

口コミ情報も多いですし、マイナーな業者よりも信用しやすいですよね。

 

自分で危ないかどうか判断するのが苦手な方は、

国内業者・有名業者のどちらかで取引を始めると良いでしょう。

もし被害に遭ってしまったら消費者センターに相談!

何かあったら泣き寝入りせずに、

消費者センターや弁護士事務所、警察に相談しましょう。

 

自分から申し込んだとはいえ、

不当な理由でお金をだまし取られているのなら

法律の力で取り返せる可能性があります。

また、WEB上で検索すれば過去にお金を取り返せた事例が

いくつも見つかります。

もし騙されてしまった方は、そういった体験談を参考にしてみてください。

まとめ

バイナリーオプション自体は怪しいものでもありませんし、

危ないものでもありません。

ただ、バイナリーオプションを利用した詐欺被害が

今でも報告されている事実もあります。

 

自分のお金が直接関わることですから、

バイナリーオプション初心者の方は慎重にいきましょう。

何より大切なのは自分で調べることです。

安全に取引できる業者を見つけて、

バイナリーオプション取引を楽しんでくださいね。

バイナリーオプションナビ編集部

Author バイナリーオプションナビ編集部

バイナリーオプションの研究とテクニカル分析。

More posts by バイナリーオプションナビ編集部