ハイロー(旧・ハイローオーストラリア)とは?【安全性・特徴・取引き方法まで全まとめ】

バイナリーオプションの基礎知識は持っているが取引をしたことがなく、
ハイローでの取引を検討している人へ

この記事は、

  • ハイローが気になるけど安全なの?
  • ハイローってどんな特徴?
  • ハイローの取引や口座開設の方法って簡単?

といった疑問を解決するために、ハイローについて徹底解説しました。

この記事を読めば、

  • ハイローの特徴
  • ハイローが安全なのか
  • ハイローの口座開設の方法

といった、ハイローに関する情報をすべて知ることができます。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

『HighLow(ハイロー)』とは?

ハイローは、バイナリーオプション取引ができる海外業者のひとつです。

簡単に紹介しましょう。

ハイローオーストラリアから2019年6月にサービス名を変更

ハイローは、『ハイローオーストラリア』という名前で運営されており、

2019年6月に『HighLow(ハイロー)』と名称が変更しました。

名称が変わった経緯としては、

もともと『ハイローオーストラリア』の会社がオーストラリアにあったのですが、

マーシャル諸島共和国に支店を移したため、名称も変更した。

という経緯です。

勘違いしないように補足しておくと、

「似たような名前のサイトを作った詐欺」や

「サービス自体が変わった」という訳ではないので安心してください。

バイナリーオプション系のサイトでもよく取り上げられている

ハイローはバイナリーオプションに関するサイトには、

必ずと言っていいほど紹介されています。

知名度としても十分で、

バイナリーオプションをやっている人で知らない人はいないくらい有名です。

ハイローオーストラリアから2019年6月にサービス名を変更

ハイローは、『ハイローオーストラリア』という名前で運営されており、

2019年6月に『HighLow(ハイロー)』と名称が変更しました。

名称が変わった経緯としては、

もともと『ハイローオーストラリア』の会社がオーストラリアにあったのですが、

マーシャル諸島共和国に支店を移したため、名称も変更した。

という経緯です。

勘違いしないように補足しておくと、

「似たような名前のサイトを作った詐欺」や

「サービス自体が変わった」という訳ではないので安心してください。

海外業者でありながら日本人スタッフポートもあり、日本人にも人気の業者

ハイローは、日本語対応しており、

サイト内はすべて日本語表示なので、英語ができなくても問題ありません。

もしもトラブルがあっても、日本人スタッフによるサポートがあり、

「メール」または「電話」で問い合わせすることができるため安心です。

特にバイナリーオプションに慣れていない人や心配な人は、

サポートがあって安心できるハイローはおすすめですよ。

HighLow(ハイロー)の特徴

ここからはハイローの特徴を紹介します。

上下を選ぶだけで取引が簡単(取引方法の紹介)

ハイローは「上(High)」か「下(Low)」か選ぶだけで、とにかく簡単です。

実際に取引している画面と操作を紹介します。

画面は30秒でEUR/USD

自分が取引したい「時間」と「通貨」を選択。(画面は30秒でEUR/USD)

取引する金額を入力

取引する金額を入力します。

「High」か「Low」を選択して「今すぐ購入」

「High」か「Low」を選択して「今すぐ購入」を押します。押した瞬間にエントリーされます。(画像は10000円でHigh)

右端の取引時間終了時に矢印より上なら成功です。

予想通りだと画像のように緑色の表示

予想通りだと画像のように緑色の表示となっていて見やすいです。

取引終了

これで時間に到達したら「取引終了」と表示され、画像のように確定します。

たった30秒で10000円の利益となりました。(デモトレード)

これだけで取引できるので非常に簡単ですよね。

入金方法が豊富

ハイローは入金方法が3つ選べます。

  • 銀行入金
  • クレジットカード
  • ビットコイン

自分の好きな入金方法を選びましょう。

銀行入金による手数料は、それぞれ自己負担となっています。

ハイローの銀行口座は「イオン銀行」なので、

イオン銀行からの振込なら手数料が無料です。

銀行入金ならイオン銀行がおすすめです。

短時間で取引ができる

ハイローなら、短時間で取引が可能です。

ハイローの取引時間は、

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分

といったように、短時間での取引がいくつか用意されているため、

自分が得意なトレードスタイルで取引できます。

とは言っても、短時間取引は慣れていないと難しいので、

初心者はやめておいたほうがいいかもしれません。

もちろん、短時間以外の取引も可能。

1時間単位や1日単位の取引もあるため、

取引時間を自分の好きなように幅広く選べます。

少額入金・少額取引が可能

ハイローは、最低取引金額が1000円。

バイナリーオプションで負けないポイントのひとつとして、

「1回あたりの取引金額」が重要です。

負けて資金が無くなるほとんどのケースは、1回あたりの取引金額が大きすぎるから。

低い取引金額で取引できれば、

自己資金が少なくても安定した取引をすることができます。

また、ハイローなら最低入金金額が5000円なので手軽に始められます。

以下のように、入金方法によって最低入金金額が違うので覚えておきましょう。

  • 銀行入金
    10000円~
  • クレジットカード
    5000円~
  • ビットコイン
    5000円~

はじめて取引をする人は、まず少額から始めてみることを推奨します。

出金は最短翌日

ハイローなら最短で翌日には出金可能です。

ハイロー公式には以下のように明記されています。

銀行営業日の12:00(正午)までに承った出金依頼は、通常、依頼がなされた翌銀行営業日にお客様指定の口座への送金が完了します。

最低出金額は10000円です。

出金手数料は無料なので、利益が出たらすぐに出金しておくのがいいですね。

デモトレードが登録なしで出来る

ハイローはデモトレードが登録なしで利用できます。

デモトレードというのは、自分のお金を使わず架空のお金で、

取引画面は実際の取引と同じ状態でトレードができます。

デモトレードなら損することなく、取引体験ができますし、

トレードの練習にもなるので絶対に試しておいたほうがいいです。

登録をする手間がなく、実際の取引画面を体験できるので、

使いやすいかどうか、一度試してみるといいですね。

注意喚起として言っておくと、デモトレードが実際の画面とほぼ一緒なので、

デモトレードを使って、あたかも予想が当たっているように見せかけ

トレード配信や手法を高額で売る、という悪質な詐欺もあるので注意してください。

HighLow(ハイロー)は安全な業者である

バイナリーオプションの海外業者は、

  • 入金だけされて取引ができない
  • 出金の条件が厳しくて出金できない

といったような、トラブルで危ないと言われることもあります。

一方で、ハイローは安全な海外業者としておすすめ。

その理由について紹介します。

マーシャル諸島共和国の事業会社で住所を公開している

ハイローは、新たにマーシャル諸島共和国へ支店を設立し、

マーシャル諸島共和国の事業会社法に従って運営されています。

公式サイトにも以下のように明記されていることが確認できます。

会社名(商号):HLMI Ltd

所在地:Trust Company Complex,

Ajeltake Road, Ajeltake Island,

Majuro, Republic of the Marshall Islands

MH 96960

設立年月日:2019年4月29日

正直、住所やどの国の法律に従っていても、100%安全とは言えません。

ただ、悪徳な海外業者は住所や運営会社でさえ明記されていないのが現状です。

そういう点では、

きちんと会社概要や住所などを公開しているハイローは安全と考えられます。

最低出金額が低いのでリスク管理しやすい

本記事で紹介しているように、ハイローの最低出金額は10000円となっています。

手数料が無料なので、こまめに出金することが可能。

他の海外業者だと出金金額の規定が厳しく設定されていて、

結局出金できないこともあります。

 

また、海外業者に限らず、

バイナリーオプション」や「FX」で取引するリスクとして、

自分の資金が入金したまま運営会社が行方不明になること。

ニュースでやっていた仮想通貨も同じですね。

こまめに出金しておけば、そのようなリスクから回避することができるため、

手数料無料で10000円から出金できるハイローはかなり使いやすい海外業者です。

入金している資金は別で管理されている

ハイローに入金した資金は、専用の口座で保管・管理されています。

公式には以下の記載。

 

お客様の資金は信頼性の高い金融機関の口座に分別管理されています。他のFX業者とは異なり、当社は業務用、又は原市場のヘッジのためにお客様の資金や未実現利益を流用することはありません。当社は専門職業賠償責任保険に加入しております。

 

ここまできちんと明記されているので、

「ハイロー利用者の資金を運営費に使って、資金がなくなる…」といった

可能性はかなり低いと考えています。

HighLow(ハイロー)の口座開設

ハイローで実際に取引をするには、口座開設が必要です。

口座開設はもちろん無料。

口座開設に「必要なもの」と「口座開設の流れ」を紹介します。

ハイローの登録に必要なもの

ハイローの登録に必要なもの3つあって、以下の通り。

  1. メールアドレス
  2. 写真付きの本人確認書類
  3. 住所のわかる郵送物

「写真付きの本人確認書類」と「住所のわかる郵送物」は注意が必要なので、それぞれ解説しておきます。

本人確認書類の注意点

本人確認書類については、注意が必要です。

  • 自動車運転免許証
  • マイナンバーカード(顔写真つきプラスチックのカードのみ可)
  • パスポート写真欄+住所自書欄(見開きで反対側のページも含める)

上記の本人確認書類しか承認されません。

持っていない人は基本的に口座開設できませんが、

どうしても登録したい人はサポートに一度問い合わせてみるといいですね。

住所のわかる郵送物の注意点

郵送物は、荷物の郵便物だと承認されない可能性が高いです。

本人確認書類として不正ができないような郵便物が必要になります。

例としては以下のような郵便物です。

  • 年金定期便
  • 税金
  • 国や市区町村から届く郵送物
  • 電気、ガス、水道、固定・携帯電話、インターネット、保険、クレジットカードに関する紙媒体の文書

上記の郵送物は、6ヶ月以内に届いたものを用意しましょう。

発行から6ヶ月を過ぎていると承認されないことがあります。

口座開設の流れ

ハイローの口座開設の大まかな流れは以下の通り。

  1. 基本情報の入力
  2. 詳細情報の入力
  3. 本人確認書類の提出

すべてWeb上で完結するため、最短だと当日に取引が出来るようになります。

まとめ

ハイローはシンプルでわかりやすい操作画面なので、初心者でも使いやすくおすすめです。

入出金の最低金額も低いので、手軽に始められるのもメリット。

登録から取引までの作業も簡単ですし、デモトレードなら登録なしで試せるので、

まずは一度、ハイローでデモトレードを始めてみましょう。

バイナリーオプションナビ編集部

Author バイナリーオプションナビ編集部

バイナリーオプションの研究とテクニカル分析。

More posts by バイナリーオプションナビ編集部