【必見!】バイナリーオプションで勝てない人の特徴4つとその解決策を伝授!

バイナリーオプションで取引をし始めたばかりの人で、
自分がなぜ勝てないのかわかっていない人へ
バイナリーオプションで勝てない人には、それぞれ勝てていない理由がある
なぜ勝てていないのかという理由と、勝てるようになるための対策を解説

このページにたどり着いた方の中には、

「バイナリーオプションで勝てない!」

「デモ取引では勝てるのに、どうして負けるのかわからない!」

「もしかしてバイナリーオプションは、最初から勝てない仕組みなの?」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

バイナリーオプションで勝てない人には、必ず原因があります

そして原因があるということは対策があり、

対策さえ実行すれば今まで勝てなかった人も

努力次第で勝てるようになるかもしれません。

 

このページではバイナリーオプションで勝てない人の特徴4つと、

勝てるようになる対策を解説していきます。

バイナリーオプションは勝てない人の方が多い

はっきり言いますが、そもそもバイナリーオプションはほとんど勝てません。

バイナリーオプションで利益を出せているのは全体のたった1割未満で、

9割以上の人はバイナリーオプションで負け越し、

総額何十万円~何百万円というお金を失ってしまっています。

 

しかし、以下の記事でも解説している通り、

少数とはいえ勝っている人がいるのも事実です。

では、勝てない人はどうして勝てないのでしょうか。

バイナリーオプションで1,000万円~1億円以上稼げる人は実在するのか?

バイナリーオプションで勝てないのは「カンタンそう」だから

バイナリーオプションで9割以上の人が勝てていないのは、

バイナリーオプションが「カンタンそう」だからです。

「為替相場が上に動くか下に動くかを選ぶだけ」というシンプルなルール故に、

特に知識がなくても、努力をしなくても勝てるんじゃないかと錯覚してしまうのです。

 

厄介なことに、最初のうちは何の努力をしなくても勝ててしまうこともあります。

2択ですから、運だけで10回中7~8回勝ってしまうこともあるでしょう。

しかし、数を重ねていくと

  • 100回:54勝46敗
  • 1,000回:521勝479敗
  • 10,000回:5,103勝4,897敗

というように、段々と50:50に近づいていくものです。

そしてバイナリーオプションのペイアウト率は1.8倍程度ですから、

少なくとも勝率が55%以上でないと損をしてしまいます。

簡単そうに見えてほとんどの人が勝てないのは、

こういった仕組みだったんですね。

「バイナリーオプションは詐欺だから勝てなくて当然」はウソ

「バイナリーオプションは詐欺だから勝てなくても当然だ」

「裏で細工をしているに決まっている」

といった口コミもいくつか見かけますが、

バイナリーオプションは詐欺ではありません。

きちんと知識と経験を積み、勝てている人も一定数いるのが

詐欺ではない証拠です。

(例外として、一部には

バイナリーオプション業者を騙った怪しい業者も存在します。)

 

「デモ取引では勝てるのに本番だけ勝てない」という人もいますが、

デモ取引と本番でチャートの動きは一切変わりません。

本番で勝てないのは、実際にお金を賭けた時のプレッシャーが原因でしょう。

バイナリーオプションで勝てない人の特徴4つ

ここからは、バイナリーオプションで勝てない人の特徴を4つ紹介していきます。

自分がしてきた取引を思い出しながら、当てはまるものからクリックしてご覧ください。

(タップ・クリックするとスクロールします。)

1.チャートを読めていない

バイナリーオプションで勝てない人の多くは

チャートの動きを読み取れていません。

特に根拠もなく、

「なんとなく今上がってきているから上に投資しよう」

などという取引では安定して勝ち続けることはできないのです。

チャートの流れを読むために、初心者の方はまずツールを使ってみましょう。

 

1つ例をあげると、「移動平均線」というツールがあります。

移動平均線は、今は上がる傾向にあるか/下がる傾向にあるかを示してくれます。

最初は移動平均線に従って投資していれば、

勘だけに頼るよりは勝率が上がるでしょう。

 

ツールに慣れてきたら、ツール以外の方法でも判断基準を見つけてください。

移動平均線はあくまでも「方向性」を知るだけのもの。

確実に勝ち続けていくためには、

複数の根拠が揃ってから取引していくべきです。

 

例えば、相関性の高い通貨ペアも同時にチェックする方法があります。

通貨ペアの組み合わせの中には相関性が高いものがあり、

相関性が高いペア同士はお互いに似た動きをする性質があります。

取引しているのがドル円(USD/JPY)ならユーロ円(EUR/JPY)と相関性が高いため、

ドル円とユーロ円で共に「上がる」サインが確認できれば

ドル円だけを見るよりも当たる可能性が高いと言えます。

 

みなさんが今まで勝てなかったのは、チャートを読むことをあまり重視しておらず、

取引を決める根拠が弱かったからです。

このように2つ、3つと異なる根拠を見つけてから取引をすることで、

今までよりも勝率をグッと上げることができます。

2.取引記録をつけていない

バイナリーオプションで勝てない多くの人に共通するのが、

取引記録をつけていないことです。

初心者の人こそ、1回1回の取引記録をきちんと残しましょう。

 

取引記録をつける最も大きな目的は、

データの中から根拠を多く見つけることにあります。

為替相場の上がり下がりには必ず根拠があり、

すべての取引での勝敗にも根拠があります。

 

バイナリーオプションで勝てない人は、

自分がなぜ負けたのかを説明できない人がほとんどです。

反対になぜ負けたのかを説明できるようになれば、

2度と同じような場面で負けることはなくなるでしょう。

 

次回から取引する際には、記録ノートをつけるようにしてください。

ノートといっても新しく紙のノートを用意し、

全ての記録を手書きする必要はありません。

自分が見返すためだけの記録なので、

チャートやエントリー画面、エントリー結果のスクリーンショットを残し、

それに直接メモを書き込むだけでOKです。

 

いくつも記録を残し、見返しているうちに、

勝った時や負けた時の波形にパターンが見えてくると思います。

そういった勝てる波形・勝てない波形をなるべく多く見つけることが、

理論的に取引し、安定して勝てるようになる近道です。

3.バラバラの時間に取引している

1日の中で取引する時間帯を決めず、

毎回バラバラの時間に取引している人は勝てません。

為替市場というのは、「曜日」「時間帯」によって市場参加者が変わり、

トレードの傾向も合わせて変化するからです。

できるだけ同じ時間帯、同じ通貨ペアで取引をしていくように心がけてください。

 

またバイナリーオプションでは、取引をすべきではない時間帯があります。

その1つが、世界三大市場のオープン時間です。

月曜日から金曜日まで、世界各国で金融市場は開かれていますが、

中でも取引が盛んな

  • 東京市場
  • ロンドン市場
  • ニューヨーク市場

の3つの市場をまとめて「世界三大市場」と呼びます。

 

この3つの市場がオープンする前後30分間は取引量が多くなるため、

為替相場の動きも激しくなり、予想がしにくくなります。

【3台市場のオープン時間帯】(日本時間)

オープン時間クローズ時間
東京市場AM9:00PM3:00
ロンドン市場PM5:00翌AM3:00
ニューヨーク市場PM10:00翌AM7:00

(※サマータイムはロンドン・ニューヨーク、共に1時間早くなります。)

オープン時間以降でも、

ロンドン市場とニューヨーク市場が同時に開いている時間帯も、相場が激しく動きます。

日本時間のPM10:00〜翌日AM3:00までは、取引を控えるようにしましょう。

 

他にも、経済指標発表の前後(30〜60分程度)も同様に

相場の動きが激しくなるので取引に向きません。

国の経済に大きく関わる人物(要人)が発言した直後も、

相場が読みづらい動きをするのでよく注意しましょう。

【要人の例】

  • トランプ大統領
  • 日銀の黒田総裁・副総裁
  • 財務大臣
  • 財務長官
  • FRB(米連邦準備制度理事会)議長・理事
  • ECB(欧州中央銀行)総裁・理事 など

4.メンタル管理・資金管理ができていない

取引を続けていく上で、

自分のメンタル管理・資金管理ができていない人はバイナリーオプションで勝てません。

 

バイナリーオプションでメンタルの管理は関係ないという方もいるかもしれませんが、

どれだけ知識や経験を積んでもツールの使い方を覚えても、

メンタルの管理ができていなければ負けてしまうのがバイナリーオプションです。

たとえば負けが少し続いても、普通なら一旦その時点で取引をやめ、

その日は反省・振り返りをする時間に充てればいい話です。

ところが一時的に損したことを気にしてヤケになり、

いっぺんに取り返そうとお金を倍にして投資する、といったことをすると

さらに負けた場合の損害が取り返せない額になってしまいます。

 

メンタル・資金の管理が苦手な方の解決策としては、

予め取引する上での自分ルールを決めておきましょう。

【自分ルール一例】

  • 1回1,000円でしか取引しない
  • 30,000円負けたらその日は取引をやめる
  • 1日の取引は3回までにおさえる など

自分なりにルールを作り、取引を制限することで

感情的になったり取り返せないほどの損害を出したりすることを

防ぐことができます。

インターネット上では多くのトレーダーの方々が

それぞれの自分ルールを公開していますので、

これからルールを作っていく方は参考にしましょう。

こうすれば勝てる!バイナリーオプションで勝てるようになるコツ

以上を踏まえて、バイナリーオプションで勝てるようになるコツは

下記になります。

  1. 投資するまでに、チャートから複数の「勝てる根拠」を見つけるようにする
  2. 毎回取引する時間帯は統一し、値動きが激しくなる時間帯での取引は避ける
  3. 毎回の取引記録を残しておき、勝てる波形・負ける波形のパターンを覚えておく
  4. 自分ルールを定め、メンタル・資金の管理を徹底する

総合すると、1回1回の取引を大事にするということに尽きます。

冒頭でも書いたように、勘だけで適当に取引することもできてしまうからこそ、

9割以上の人が負け越している現状があります。

ちゃんと安定して勝ち続けたいと思うのであれば、

多少面倒であっても以上の4つを徹底して続けてみてください。

絶対に勝てるようになる訳ではありませんが、

今よりも必ず勝率は上がることは間違いないでしょう。

まとめ

バイナリーオプションで勝てない人には、必ず原因があります。

記事内で紹介した勝てない人の特徴に当てはまっていた人は、

今すぐ自分の取引を改めましょう。

【バイナリーオプションで勝てない人の特徴をおさらい】

 

  1. チャートを読めていない
  2. バラバラの時間に取引している
  3. 取引記録をつけていない
  4. メンタル管理・資金管理ができていない

バイナリーオプションで安定して勝ち続けることは、本当に難しいものです。

ただ為替相場の動きにすべて根拠がある限り、攻略できないことはありません。

記事で紹介した「勝てるようになるコツ」を実践しながら、

まずは勝率55%以上を目指して頑張ってみてくださいね。

バイナリーオプションナビ編集部

Author バイナリーオプションナビ編集部

バイナリーオプションの研究とテクニカル分析。

More posts by バイナリーオプションナビ編集部